[ドラマ] 『大丈夫、愛よ』のコン・ヒョジン、演技の秘訣は熱心な練習??台本に集中する姿を公開

コン・ヒョジンの所属事務所は、台本を見ながらチ・ヘスの役作りをしているコン・ヒョジンの姿が収められた写真を公開した。

今回公開された写真には、コン・ヒョジンがSBS水木ドラマ『大丈夫、愛よ(原題)』の台本を読んでいる姿が収められている。チ・ヘスになりきるため、熱心に台本と向き合う姿からは、コン・ヒョジンの努力が感じられる。

『大丈夫、愛よ』は、リアルタイムに撮影が行われる一般的なドラマとは違い、ノ・ヒギョン作家が既に最終回までの台本を完成させている。そのため、コン・ヒョジンはキャラクターに完璧に入り込むことができ、さらにリアルな演技を見せることが期待されている。

コン・ヒョジンは今回のドラマでストレートな行動と発言が特徴的なチ・ヘス役を演じている。幼い頃に母親の不倫を目撃したトラウマから、異性関係に拒否感と不安を持っている人物だ。

そんなコン・ヒョジンは、劇中のチョ・インソン(チャン・ジェヨル役)と共に“クールホットカップル”としてお茶の間を楽しませている。しかし、最近まで幸せな時間を過ごしていた二人に最大の危機が降りかかり、ドラマは最終回に向けて急展開を迎えている。

果たして“クールホットカップル”はハッピーエンドを迎えることが出来るのか、もしくは悲劇の結末を迎えてしまうのかに注目が集まっている。

(写真=マネージメントSOOP)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 08日 15:46