[芸能] LADIES' CODEウンビに続きリセも死去、オーディションスターからアイドルになるまでの華やかな人生

LADIES' CODEの所属事務所によると、クォン・リセは7日10時10分頃に享年23歳という年でこの世を去った。リセは3日の交通事故以降、医療手術と治療を受けていたが、息を引き取った。

リセはミスコリア出身のアイドルだ。在日韓国人4世のリセは、2009年の「ミスコリア日本」で“真”と“海外同胞賞”を受賞し、その美貌を認められた。

その後、2010年には歌手の夢を追って、オーディション番組MBC『偉大なる誕生』に出演し、TOP12まで進出した。リセは可愛らしいビジュアルと明るい笑顔、夢に向かう純粋な姿で視聴者からの人気を集めた。

『偉大なる誕生』出演以降、練習生としての生活を始めたリセは、長い練習期間の末に2013年にLADIES' CODEとしてデビューした。リセは『偉大なる誕生』当時よりもさらに成長した実力で大衆の前に姿を現した。LADIES' CODEは「悪い女」でデビューし、「So Wonderful」、「KISS KISS」などを発表し、歌唱力とルックスを兼ね備えたグループとして知られていた。

一方、9月3日午前1時20分頃、龍仁市(ヨンイン市)の高速道路付近でLADIES CODEの乗っていた乗用車がガードレールに衝突する事故が発生した。この事故により、メンバーのウンビが死亡し、これに続いてリセもこの世を去り、多くのファンを悲しませている。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 08日 11:11