[K-POP] BOBBYが『SHOW ME THE MONEY 3』で優勝、アイドルに対する偏見を見事に払拭

YGの練習生BOBBYは、9月4日に放送されたMnet『SHOW ME THE MONEY 3』の決勝戦で自身が作詞した「ガード上げてバウンス」を披露した。

「ガード上げてバウンス」は、実力のないアイドルラッパー達を批判する内容を収めた曲であり、BOBBYは自身が歌詞の中で指すラッパー達とは異なるということをアピールし、注目を集めた。BOBBYはこの曲でライバルのIronをおさえ、見事最終優勝を勝ち取り、ずば抜けた実力を認められた。

そして、何よりBOBBYの置かれた状況に注目が集まっている。BOBBYは現在韓国国内で3大事務所と言われているYGエンターテインメントに所属している。メジャーな事務所、しかもアイドルを輩出する事務所に所属しているBOBBYは、『SHOW ME THE MONEY 3』の序盤まで偏見の視線を向けられていた。アンダーで実力を積んできたラッパー達だけが認められるヒップホップ文化の中で、アイドルの練習生として活動しているBOBBYは、実力者としてなかなか認められることができなかった。

しかし、BOBBYは自分なりの努力を続け、自分に向けられた偏見を払拭しようとした。BOBBYは覚悟と努力の末にずば抜けた実力を見せた。BOBBYは果敢な歌詞とラップの実力で審査員たちを驚かせ、頭角を見せ始めた。

また、BOBBYは回を重ねるごとに足りない部分を埋めていき、成長していく姿で視聴者を楽しませた。その結果、BOBBYは『SHOW ME THE MONEY 3』で最終優勝という快挙を成し遂げ、「アイドルラッパー達はラップが下手だ」という偏見を見事に払拭した。BOBBYが『SHOW ME THE MONEY 3』の参加者の内、ずば抜けた実力の持ち主だとは言い難い。しかし、BOBBYは地道な努力とリスナーを魅了するラップの実力でアイドルラッパーに対する偏見を乗り越え、それ以上の何かを見せたことは確実だ。

BOBBYは『SHOW ME THE MONEY 3』を通してかっこいい反乱を起こし、歌謡界とヒップホップ界の新たな主役になることが期待される。

(写真=Mnet『SHOW ME THE MONEY 3』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 05日 15:31