[芸能] LADIES' CODE故ウンビの告別式、仲の良かったリセとソジョン、そしてマネージャーは参列できず…

交通事故でこの世を去ったLADIES' CODEのメンバーウンビの告別式が行われた。しかし、故人が生前親交の深かった5人のメンバーとマネージャーは彼女の最期を見送ることが出来なかった。

故ウンビの告別式は、5日午前8時に高麗大学安岩病院の葬儀場で行われ、遺族や知人、所属事務所のメンバー、そしてメンバーのアシュリーとジュニが参列した。

しかし、この日の告別式には、重体に陥っているリセと手術を受けるソジョン、そして事故当日に車を運転していたマネージャーは参列することが出来なかった。そんな中、LADIES' CODEのマネージャーパク氏は警察の調査を受けた後も、大きな衝撃から抜け出せずにいることが明らかになった。

パク氏は、LADIES' CODEのメンバーとも仲の良いマネージャーだった。先週には、自身のSNSに「LADIES' CODEのメンバー達が可愛すぎて死にそうだ」と掲載したり、音楽番組の楽屋でもメンバー達の面倒を見るなど、頼りがいのあるマネージャーだった。しかし、自身が運転していた車の事故でメンバー達が大きな怪我を負ったことにより、衝撃に陥ったという。

所属事務所の関係者は、「メンバー達もマネージャーを実の兄のように慕っていた。お互いに仲が良く、周りからも羨ましがられるほどだったから、このような事件が起きてしまい、本当に残念だ」と伝えた。

また、「ウンビの遺族たちは、リセとソジョンの状態を心配している。メンバー達もとても仲が良かったから、家族達もお互いを信じて、頼り合っているようだ。リセが一日も早く目を覚ましてくれることを願っている」と明かした。

また、この日の告別式には、アシュリーとジュニが負傷した体で所属事務所のスタッフ達に支えられながら参列した。遺族を含め、アシュリーとジュニは告別式でも涙を流し続けたという。

故人は院趾洞(ウォンジドン)に位置するソウル追慕公園に移され、火葬された後、京畿道(キョンギド)光州市(クァンジュ市)に位置する盆唐(ブンダン)スカイキャッスル追慕公園に安置される。

一方、故ウンビは昨年3月にLADIES' CODEの初のミニアルバム『Code#01 Bad Girl 』で歌謡界にデビューした後、「Pretty Pretty」などのヒット曲で愛された。

(写真=ホ・ジョンミン記者)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 09月 05日 11:03