[K-POP] 『大丈夫、愛よ』恋に落ちたチョ・インソンがロマンチストらしい魅力を発揮

8月27日に放送されたSBS水木ドラマ『大丈夫、愛よ』の11話では、チョ・インソンがロマンティックなプロポーズと予想外のサプライズイベントで女性視聴者の心を鷲掴みにし、ロマンチストな一面を見せた。

この日、チャン・ジェヨル(チョ・インソン)はチ・ヘス(コン・ヒョジン)に対し、「自分以外の男はお前の結婚相手としてふさわしくない」という理由を並べ、「お前には俺がぴったりだ」という言葉で間接的なプロポーズをした。また、頻繁に会えないことに寂しさを感じていたヘスのため、仮眠室にサプライズで登場するなど、“理想的な彼氏”らしいイベントで視聴者をときめかせた。

また、恋に落ちたチョ・インソンは、“ロマンチストキャラ”のチャン・ジェヨルを熱演し、視聴者の心を躍らせた。甘いアイコンタクトはもちろん、愛に満ち溢れた表情で囁くシーンでは、本当に恋に落ちたかのようなリアルな演技を見せた。

それだけではなく、ヘスの勤務する病院の仮眠室にサプライズ登場するシーンでは、温かい笑顔とハグで女性視聴者をときめかせた。

一方、SBS水木ドラマ『大丈夫、愛よ』は、完璧なビジュアルと魅力を持った推理小説作家チャン・ジェヨルと、見た目はシックだが実は誰よりも人間的な一面を持つ精神科の医師チ・ヘスが恋に落ちるストーリーを描いたロマンティックコメディードラマだ。

(写真=SBS『大丈夫、愛よ』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 28日 11:41