[芸能] 少女時代テヨン「ジェットコースターみたいな人生を送っている」、芸能人としての悩みを告白


26日に放送されたOnStyle『THEテティソ』では、テヨンが8年間ステージに立ち続けてきた中で感じた“重圧感”について語った。

この日の放送では、ステージに上がる前に明るい姿で炭酸飲料を飲むティファニーの姿があった。ティファニーは、「糖分が足りなくなるから、ステージに上がる前に飲んでいる」と話した。

その反面、テヨンはステージに上がる前に暗い表情で緊張した様子を見せた。この後行われた制作陣とのインタビューでテヨンは、「1年が過ぎる度にどんどん(プライベートが)さらされるようになってきた。そういうものに対する怖さがある」と明かし、長い間メディアや大衆の前に立ってきた歌手としての本音を語った。

また、「それが良いことなのか悪いことなのかは分からないけど、縮こまってしまう瞬間がある」と話し、8年間歌手として活動しながらファンにも明かすことの出来なかった圧迫感と悩みを告白した。

一方、3人のメンバーはこの日、「少女時代であり、テティソのメンバー」である幸せについても語った。

「みんなが羨むスターとしての人生は幸せか」という制作陣の質問に対し、テヨンは「大衆の前に立っているだけで、私達も同じ人間だ。だから、生きていく上で悩んだり、解決しなければいけないことも多い」と話し、一般人とも「幸せの基準」が変わらないということを明かした。

また、「ジェットコースターみたいな人生を過ごしている。上がったり下がったりする」と話し、スターの人生にも「悲しみ」と「幸せ」が共存していると語った。

これを聞いたティファニーは、「「大切さ」と「ささいなこと」を感じられるのが「幸せ」ではないかと思う」と話し、そのような人生を生きているがゆえに幸せだと語った。

また、ソヒョンは「私も少し悲しかったりもするけど、幸せだと感じている」と話し、スターとしての人生が幸せだと語った。

(写真=OnStyleキャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 27日 11:12