[芸能] SUPER JUNIORヒチョル「少女時代の末っ子ソヒョン、実は妖怪みたいな女だ」


SUPER JUNIORのヒチョルは、26日に放送されたOnStyle『THEテティソ』に出演し、テティソのソヒョンについて語った。

ヒチョルはこの日、「テティソが(この番組を通して)どれほどのリアリティーを見せてくれるかどうかは分からない。でも、以前失言をしてしまった時に(テヨンに)ひどく怒られたことがあるから、発言には気をつけないといけない」と話した。

そんなヒチョルは、「テティソは本当に歌のうまいメンバーが集まった」とテティソの歌手としての実力を絶賛し、「ソヒョンは僕のことを妖怪みたいに扱ってくる。でも、僕も彼女のことをそう思っている。以前、一緒に広告撮影をしたことがあるけど、ソヒョンは楽屋でずっと本を読んでいた」と明かし、真面目に生きるソヒョンの姿に驚いたというエピソードを明かした。


一方、この日の放送では、ソヒョンが少女時代を愛してくれるファンに感謝の気持ちを伝えた。

「派手なステージの上での熱い人気は、永遠だと思うか」という制作陣の質問に対し、ソヒョンは「私達は常に、少女時代の人気は当然のことではないと思っている。ファン達が愛してくれるということは、とても感謝すべきことだ。今の少女時代は、本当に多くの人が夢見るような愛をもらっている」と自身の考えを語り、ファンに対する感謝の気持ちを伝えた。

(写真=OnStyleキャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 27日 11:11