[芸能] SHINeeテミン「ソロデビューの準備過程でストレス、どんどん痩せてしまい現在は57キロ」

SHINeeの末っ子テミンは、8月18日に初のソロミニアルバム『ACE』を発表し、待望のソロデビューを果たした。テミンは最近KBS『ミュージックバンク』の楽屋でnewsNのインタビューに答え、ソロ活動に関するエピソードを語った。

テミンはこの日、ソロステージを見た家族やSHINeeのメンバー、周囲の人達の反応について、「メンバー達は昔からの仲だし、お互い苦労してきたから、応援してくれる。祝ってくれるし、励ましてくれるし、たくさん興味を持ってくれる」と明かした。

SHINeeのそれぞれのメンバーについては、「キーさんはプレゼントもくれた。自分の誕生日がもうすぐだから…」と冗談を言いつつ、「ジョンヒョンさんは、SNSを通してたくさん応援してくれるし、オニュさんは個人的にたくさん連絡してくれた」とメンバーに対する感謝の気持ちを語った。

これに先立ち、テミンはカムバックステージ後、ファン達と対面した席で涙を流した。これについては、「たくさん涙が出た。あの時のことを考えると、なぜだかうるっとくる。胸がいっぱいになった。ファンの皆さんと握手をした時に優しい言葉をたくさんかけてくれた」と当時を思い返した。

また、「ファンの一人一人が「大変だったでしょう」、「お疲れさま」と言ってくれて、突然胸がいっぱいになった。もともと全然泣かないタイプだけど、あの時は涙が止まらなかった。すごくありがたかった」と話し、目に涙を浮かべた。

初めてのソロデビューだった分、テミンは練習に練習を重ね、汗水を流した。その過程でテミンは徐々に痩せ、現在では57キロまで体重が落ちてしまったという。

テミンは「ソロアルバムを準備しながら、感じるストレスもあったし、本当に練習量が多かった。だからどんどん痩せていった。僕はもともと新陳代謝がいいみたいだ。だから、最近は太るためにたくさん食べて努力している」と明かし、楽屋にあったピーナッツバターを見せてくれた。

明るく微笑みながら「最近これを食べているんです」と話すテミンは、「生まれつき、骨格が女の人みたいに華奢だ。他の人から見れば、痩せてると思われるかもしれない」と話した。

一方、テミンのソロデビュー曲「怪盗(Danger)」は、シンプルで面白いステップのエレクトロニックスイングジャンルのダンス曲であり、怪盗になってガードの固い女性の心を盗むというストーリーが込められている。

(写真=SMエンターテインメント提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 26日 10:45