[映画] 映画『情報提供者』に出演したユ・ヨンソク「『応答せよ』以降、どのような作品に出演するべきか悩んだ」

25日午前、ユ・ヨンソクはソウル中区(チュング)のメガバックス東大門(トンデムン)で開かれた映画『情報提供者(原題)』の制作発表会に出席し、「『応答せよ1994』が終わってから、次回作としてどのような作品に出演するべきかたくさん悩んだ。『応答せよ1994』で演じていたキャラクターとは違うキャラクターを演じたかったから、この作品を選んだ。子供を持つ父親でもあり、研究員というキャラクターが興味深かった。監督に会ってから「絶対にやろう」と決心した」と明かした。

映画『情報提供者』は、2006年に“論文ねつ造事件”として韓国を騒がしたファン・ウソク博士の話をモチーフにした作品だ。時事番組のプロデューサーユン・ミンチョル(パク・ヘイル)がES細胞の研究に参加していた研究員シム・ミンホ(ユ・ヨンソク)から、「細胞の研究がねつ造された」という話を聞き、真実を暴きだす過程を描いた。イム・スルレ監督がメガホンをとり、パク・ヘイル、ユ・ヨンソク、イ・ギョンヨン、パク・ウォンさんなどが出演する。10月2日に韓国で公開される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 25日 17:51