[ドラマ] ZE:Aヒョンシク「チンチャサナイのメンバー達が「お前がいなくなったらさびしくなる」と…」

ZE:Aのヒョンシクは13日にソウル永登浦(ヨンドゥンポ)に位置するグランドコンベンションセンターで開かれたKBS 2TV週末ドラマ『家族同士で何するの(原題)』の制作発表会に出席し、「遊撃訓練を最後に『チンチャ サナイ~男の中の男』を降板した」と話を切り出した。

ヒョンシクはこの日、「1年以上やってきたから、とても情が移っていた。だから忘れられない訓練になった。みんなにお疲れと言いたい」と話した。

また、「メンバー達が「お前がいなくなったら寂しくなる」と言ってくれて、心苦しかった。軍隊を出たらもっと頑張れと励ましてくれた。だから、僕なりにドラマでうまくやらなければいけないというプレッシャーがある。温かく見守ってほしい」と明かした。

一方、ヒョンシクが出演する新ドラマ『家族同士で何するの』は、子供達のことだけを考えて生きてきた“親バカお父さん”が自己中心的な子供達を叩き直すため、教育対策として起こした“親不孝訴訟”を中心に波乱万丈なチャ一家の日常を描いた作品であり、本当の家族の意味を問いかける笑いと涙ありのヒューマンドラマだ。16日から放送が始まる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 13日 17:20