[ドラマ] 『夜警日誌』のチョン・イル&チョン・ユンホが視聴率1位という好調なスタートに喜びのコメント!!

8月11日、MBCは報道資料を通して新しい月火ドラマ『夜警日誌(原題)』のチョン・イル、コ・ソンヒ、チョン・ユンホ、ソ・イェジ、そしてイ・ジュファンプロデューサーと行ったインタビュー内容を公開した。

主演のチョン・イルは、放送開始と共に視聴率1位を記録したことについて、「1話から視聴率が良かったから気分も良かった。3話から成人時代を演じる俳優達が登場する。視聴者の期待に応えるために演技に熱中している。これからも良い視聴率が出ることを願っている」と喜びを表し、コ・ソンヒは「2話までの放送を見た。チェ・ウォンヨン先輩の素晴らしい演技を見て、1位の原動力になったと思った。これからも視聴者の皆さんの期待に応えられるよう、良い演技をお見せするためにドラマに全力を尽くしていく」と話した。

また、チョン・ユンホは「スタートが良かったから気分が良い。撮影現場の雰囲気も明るいし活気に満ちている。俳優達はもちろん、監督と多くのスタッフの方達が一生懸命撮影に取り組んでいる。3話から成人時代を演じる俳優が出演するけど、役になりきって良い結果が出るよう努力する」と意気込みを語り、ソ・イェジは「立派なCGが印象的だった。また、面白いストーリー、そしてチェ・ウォンヨンさんが1、2話でかっこいい演技をしてくださったから良いスタートを切れたと思う。これからも期待してほしい」と話した。

そして、イ・ジュファンプロデューサーは、「普通、1話の視聴率はドラマに対する期待値で、2話の視聴率は1話に対する評価だから、多少の差があるものだ。しかし、『夜警日誌』は1、2話の視聴率の差がほとんどなかったから、良い兆しが見える。3話の中盤から登場する成人時代の俳優達の演技が素晴らしいから、これからもっと多くの視聴者の関心を集めることができると思うし、視聴率が上がっていくことをひそかに期待している」と話した。

続いて、衣装やキャラクターについて聞かれたコ・ソンヒは、「衣装がとても気に入っている。ドハというキャラクターは百頭山のマゴ族出身で、朝鮮の百姓達とは全く異なる人生を生きてきたという設定だから、彼ら(朝鮮の百姓達)とは衣装がかなり違う。だから、ドハをよりうまく表現できる衣装だと思う。でも、ドラマの序盤で着ている衣装がすべてではない。これからもたくさんのかっこいい衣装を着る予定だから、期待してほしい」と説明した。

そして、ソ・イェジは「韓服が意外と涼しいし楽だ。しかも、可愛いからとても気に入っている。韓服特有の美しさと着やすさが常に緊張感溢れる撮影現場で私の癒しになっている」と明かした。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 11日 11:39