[ドラマ] f(x)クリスタルがRAINと共演!!新ドラマ『僕にはとても愛らしい彼女』出演決定に「RAINと共演する時が来るなんて」

RAIN(チョン・ジフン)のドラマ復帰作として注目を浴びているSBS『僕にはとても愛らしい彼女(原題)』のヒロインがf(x)のクリスタルに決まった。

クリスタルの出演は、誰も予想していなかったキャスティングだ。2010年にMBCシットコム『見れば見るほど愛嬌満点』で演技に初挑戦したクリスタルは、2011年にMBCシットコム『ハイキック3~短足の逆襲~』に出演し、昨年にはSBS『相続者たち』で新人とは思えない演技力で周囲を驚かせた。

制作陣によると、適役を探していた制作陣の目にとまったドリームガールがまさにクリスタルだったという。RAINよりも一回り若い彼女だが、意外にもヒロインのセナ役に似合うという意見が集まり、シックで清楚ながらも力強い眼差しがセナと重なったという。

また、音楽業界を背景としたドラマであり、演技力だけでなく音楽的感性も必要とされる音楽プロデューサー役であるという点も考慮されたためだ。

『僕にはとても愛らしい彼女』で初めて主演を務めることになったクリスタルは、「RAINさんと共演できるという事実がまだ信じられない。本当にこんな時が来るとは想像も出来なかった」と興奮を語った。

一方、『僕にはとても愛らしい彼女』のセナは、突然この世を去ってしまった姉の意思を継ぐことを決心し、音楽の夢を叶えるために上京した後、偶然出会った一人の男性に恋に落ちる女性だ。そんなセナが恋する相手がまさにヒョヌク(RAIN)だ。そして、不意の交通事故によってヒョヌクに消すことのできない傷を残し、この世を去った恋人がまさにセナの姉だ。姉を熱く愛していた男と奇跡のような出会いでヒョヌクに恋に落ちるセナの設定にさっそく熱い注目が集まっている。

今回の作品は、亡くなった姉の彼氏に恋に落ちてしまうというストーリーとクリスタルの演技力が人気の成否にかかっているため、クリスタルの演技がキーポイントだと言える。

クリスタルは「ドラマの内容を初めて見た時、ストーリーラインがとても胸に響いたし、歌謡界を背景にしているという点でもとても興味深かった。あらゆる困難を経て、運命のような、奇跡のような愛に出会い、音楽の夢を叶えていくセナの姿を可愛らしく感動的に描いていきたい」と伝えた。

『大丈夫、愛よ』の後続ドラマとして9月17日から始まる。

(写真=ニュースリンク21)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 04日 11:42