[ドラマ] 『大丈夫、愛よ』でチョ・インソンがコン・ヒョジンに恋のアドバイス、これからの展開は??

31日に放送されたSBS水木ドラマ『大丈夫、愛よ』では、コン・ヒョジン(ヘス)に不意打ちのキスをするチョ・インソン(ジェヨル)の姿が描かれた。

チョ・インソンはキスをした後、自ら頬を突き出した。これを見たコン・ヒョジンが「たくさんビンタされたことがあるのね」と言い、チョ・インソンが「数えてはないけど…30回くらい?」と言った瞬間、チョ・インソンは予想通り豪快なビンタを食らった。

そんなビンタにも負けず、コン・ヒョジンを壁に押し付けたチョ・インソンは、「昔昔、ある村にすごく深い洞窟があった。その洞窟には数千年もの間光が差し込むことがなかった。人々はその暗闇を恐れていた。人々は先年の暗闇に光が差し込むには千年がかかると思っていたが、光が差し込むのはほんの一瞬だった」と言い、手元のライターに火を付けた。

コン・ヒョジンが疑い深い目線で見つめると、チョ・インソンは「お前が30年間本当の愛を経験できなかったとしても、300日の恋愛が終わったとしても、大丈夫だ。もう一度恋するのは一瞬だから」と囁いた。

すると、コン・ヒョジンは「あんたは一体どこでその生意気さを学んだの」と文句を言いながらも動揺した様子を見せ、チョ・インソンは「次に恋をしたら感じてみろ。計画なんかしないで。準備する必要もない」と恋のアドバイスをし、視聴者の視線を釘づけにした。

一方、SBS水木ドラマ『大丈夫、愛よ』は完璧なビジュアルと魅力を持った推理小説作家チャン・ジェヨル(チョ・インソン)と、見た目はシックだが実は誰よりも人間的な一面を持つ精神科の医師チ・ヘス(コン・ヒョジン)が恋に落ちるストーリーを描いたロマンティックコメディードラマだ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 08月 01日 15:03