[ドラマ] コ・ソンヒ「東方神起ユンホよりもチョン・イル」、その理由とは??

コ・ソンヒは7月29日午後にソウル汝矣島(ヨイド)63ビルディングのジュニパーホールで行われたMBCの新しい月火ドラマ『夜警日誌(原題)』の制作発表会に出席し、「チョン・ユンホとチョン・イルの内、一人を選ぶなら?」という質問を受けた。

コ・ソンヒはこれに対し、「選択できるという状況が光栄だ。チョン・イルさんは直接会うまでは冷たいイメージだった。でも、実際に共演してみると、純粋で人間的な姿に惚れた」と話し、チョン・イルを選択した。

また、ドラマに出演することになった感想については、「買い物をしていた時にその知らせを聞いて、感激して言葉にならなかった。素晴らしい先輩方と共演できるということ自体が光栄だ」と当時の心境を語った。

そんなコ・ソンヒは劇中、百頭山のマゴ族出身のドハを演じる。竜神族のトップであるサダムに捕らえられた姉を探すために漢陽に上京し、イ・リンと出会う。イ・リンが自身を守ってくれる頼もしい存在として感じ始め、恋に落ちる。その後、イ・リンとムソク(チョン・ユンホ)と共に朝鮮の夜を守る夜警として成長していく。

一方、朝鮮時代を背景に幽霊の存在を否定する者と幽霊を利用しようとする者、そして幽霊を退治する者という3つの勢力の間で繰り広げられるストーリーを軽快に描いたファンタジーロマンス時代劇『夜警日誌』は、『トライアングル』の後続ドラマとして8月4日から放送が始まる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 29日 17:52