[ドラマ] 東方神起ユンホ「ジェジュンが一生懸命やっている姿が良い」、バトンタッチされるユンホの考えとは??

チョン・ユンホは7月29日午後にソウル汝矣島(ヨイド)63ビルディングのジュニパーホールで行われたMBCの新しい月火ドラマ『夜警日誌(原題)』の制作発表会に出席した。

この日の制作発表会に出席したチョン・ユンホは、君主直属の監察武官ムソク役を務める。

チョン・ユンホはムソクのキャラクターについて、「真面目で融通が利かない部分もあるけど、可愛らしいところもある。監督と話しながら、そういう魅力がアピールできたらいいなと思った。それがチョン・イルが演じるイ・リンとは異なる部分ではないかと思う。時代劇は初めてだから、先輩達を見ながらたくさん学んでいる」と語った。

また、現在『夜警日誌』の前作として放送されているMBC『トライアングル』では、キム・ジェジュンが主演を務め、熱演を繰り広げている。チョン・ユンホは『トライアングル』のキム・ジェジュンからバトンを受け取ることについて、「今回の作品を準備していたから、『トライアングル』をしっかりと見れなかった。海外にいる時に『夜警日誌』の準備をすることになった」と明かした。

しかし、「やはり一生懸命やっている姿が良いと思う。『夜警日誌』にもいい影響を及ぼしてくれたら嬉しい。そう思う」と話した。

一方、朝鮮時代を背景に幽霊の存在を否定する者と幽霊を利用しようとする者、そして幽霊を退治する者という3つの勢力の間で繰り広げられるストーリーを軽快に描いたファンタジーロマンス時代劇『夜警日誌』は、『トライアングル』の後続ドラマとして8月4日から放送が始まる。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 29日 17:37