[芸能] 東方神起ユンホ「演技に対する批判も感謝、成長していく姿をお見せしたい」

東方神起のユンホは24日に放送されたMBC『ビョルバラギ』に出演し、「正直、誹謗中傷の書き込みが多い方だ。僕が不十分だからだ」と話し、“演技力”騒動について言及した。

この日スタジオに登場したユンホのファンは、「私はユンホが演技が下手だとは思わない。『No Limit~地面にヘディング~』で初めて演技に挑戦したけど、視聴者からすれば見慣れない部分もあったかもしれない。「ユンホが出ているからストーリーがつまらない」というありえない書き込みもあった。最も多く見た書き込みが「男から見ても本当に演技が下手だ」だったから、「俺も男だけど、結構良かった」と返事をしたら、「お前ユンホだろ?」と返ってきた」と明かし、笑いを誘った。

続いて、ユンホはドラマ『野王~愛と欲望の果て~』に出演していた当時に寄せられた「歩く姿も不自然だ」という書き込みについては、「他の俳優達の背がすごく高かったから、中敷きを二つも入れていた。歩き方が不自然ではあったけど、ほぼ生放送に近いスピードで撮影していたから、やり直しがきかなかった」と明かした。

また、「たくさんの人に誹謗中傷された。色々と批判をされたが、僕は嬉しい。むしろ反応があるということだし、関心を持たれているからそういう書き込みがされるのだと思う。一生懸命努力して克服する。常にその批判を受けながら成長していく俳優になりたい」と語った。

そして、「ダンスと歌に関しても最初はなかなか評価してもらえなかった。1~3集くらいから褒められ始めた。演技も同じだと思う。『野王~愛と欲望の果て~』では助演を務めたし、『夜警日誌』では時代劇に挑戦する分、これから成長していく姿をお見せしたい」と語った。

一方、ユンホは8月4日から放送が始まるMBCの新しい月火ドラマ『夜警日誌』で朝鮮最高の武官ムソク役を演じる。

(写真=MBC)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 25日 11:57