[K-POP] Block B「可愛いコンセプトでカムバック、正直大変だった」

3日午後、Block BはソウルのAX-KOREAで行われた4枚目のミニアルバム『H.E.R』の発売記念ショーケースで可愛いコンセプトに変身するにあたって経験した苦労を打ち明けた。

この日、ユグォンは「今までかっこいい姿を見せようと、強めの表情をしてきた。でも、今回のミュージックビデオはピンクピンクしていて、明るい雰囲気だ。可愛らしい表情をするのがとても難しかった」 と明かした。

可愛らしい歌を発表することになった理由を聞かれると、リーダーのジコは「「俺たちが一番イケてる」というコンセプトでは僕たちが一番だと思っていたけど、徐々にそういうコンセプトが平凡になってきてしまった。だからそういうコンセプトを避けようと思った」と明かした。

続いて、1位の公約を聞かれたジコは、「それぞれが動物の着ぐるみを着てステージに上がる」と宣言した。Block Bのメンバー達はキツネ、モグラ、アヒル、ロバ、ハリネズミ、アリクイ、恐竜、サル、ミミズなどに変装するという宣言で会場の笑いを誘った。

一方、Block Bの4枚目のミニアルバム『H.E.R』は、今までBlock Bが見せてきたイメージを一新する破格的なアルバムだ。Block Bは今回初めて「愛」がテーマになった曲をタイトル曲に決め、美しい彼女に対する可愛らしい求愛のメッセージが込められている新曲を発表する。

また、「H.E.R」には愛する彼女(HER)と彼女を見て発する感嘆詞「ホル」の意味が込められており、今までのBlock Bの曲とは全く異なるバイブの曲だ。Block Bは24日に音源を公開し、本格的な活動を始める。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 23日 18:36