[K-POP] SUPER JUNIORヒチョル「3年ぶりのカムバック準備、『舌戦』は降板」

SUPER JUNIORのヒチョルは17日に放送されたJTBC『舌戦』で「今日みたいに収録する時は楽しいし、『舌戦』のことも大好きだけど、時々僕が胸を痛めているテーマを扱う時には、気持ち的に辛かった」と明かした。

ヒチョルはこの日、「気持ち的なプレッシャーもあるし、これから僕の周りで起きる出来事についても知っているから、ここで終わらせようと思う」と番組を降板する理由について明かした。

これを聞いたカン・ヨンソクは、「これから何かが起きたら、ヒチョルの予言的中だと言う」と話し、笑いを誘った。

また、ヒチョルは「イトゥクさんがもうすぐ除隊する。僕も3年ぶりにSUPER JUNIORとしてカムバックすることになる。海外も頻繁に行くようになるから、制作陣も理解してくれると思う。『舌戦』を通していろんなことを学んだ。本当に感謝している」と感謝の気持ちを語った。

ヒチョルの降板をうけたイ・ユンソクは、「携帯番号を知っている唯一のアイドルだったのに寂しい」と言い、カン・ヨンソクは「MCとしてはお別れてでも、飲み友達としてはこれからも付き合っていこう」と話した。また、パク・ジユンは「ヒチョルがいなくなったらつまらなくなってしまう」と言い、キム・グラは最後に「またいつか話したくなったら戻ってきてほしい」とメッセージを伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 18日 11:21