[映画] キム・ムヨル、シン・グ、イ・ヒョヌが映画『延坪海戦』に出演決定、今月末から撮影開始


2002年に延坪島(ヨンピョン島)で起こった実際の事件を元にした映画『延坪海戦』が主人公としてキム・ムヨル、シン・グ、イ・ヒョヌのキャスティングを決定し、7月末から撮影を始めることが明らかになった。

映画『延坪海戦』は、2002年に延坪島で起きた海戦を元にし、国を守るために勇気と責任感を見せた韓国の若い軍人たちを描いた作品だ。韓国の若い軍人達と彼らを愛する同僚、恋人、そして家族のストーリーを描いたヒューマンドラマに期待が集まっている。

除隊後初の作品として『延坪海戦』を選んだキム・ムヨルは、「シナリオを見た瞬間、これはやらなければいけないと思った。素晴らしい俳優の方達と共に素晴らしい映画をお見せする」と伝え、シン・グは「韓国で起こった痛ましい実話を扱った作品なだけに、特別な心持ちで撮影に臨むつもりだ。『延坪海戦』が多くの人を慰めることのできる映画になるよう、全力を尽くす」と明かした。

また、イ・ヒョヌは「しっかりとしたシナリオはもちろん、若いながらも大人な考えを持ち、責任感の強いパク・ドンヒョクというキャラクターに魅了された。パク・ドンヒョクとして過ごす時間に期待している。完璧な演技をお見せできるよう、努力していく」と意気込みを語った。

一方、撮影準備を終えた『延坪海戦』は、7月末にクランクインし、2015年上半期に公開される予定だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 10日 10:56