[芸能] 『音談悖說』が少女時代テヨンとEXOベクヒョンの熱愛説を徹底分析!!

今月3日、Mnetの公式Youtubeチャンネルには、この日放送された『音談悖說』のハイライト映像が公開された。

3日の放送では、最近韓国で熱い注目を浴びた少女時代テヨンとEXOベクヒョンの熱愛説に関する分析が行われた。

芸能記者チェ・ジョンアは、「ファンの立場からすれば、芸能人に対して彼氏と同じような愛着を持っていると言える」と話し、テヨンとベクヒョンの“熱愛の証拠”として話題を集めていたお菓子がバラバラに砕かれた写真や、熱愛説が報じられた日には学校で号泣する女子生徒が相次いだというエピソードを公開した。

また、現在販売されているEXOのグッズの内、ベクヒョンのものだけが売れ残っている様子が収められた写真なども公開され、ゲスト達は驚きを隠せなかった。

この日ゲストとして出演したキム・テウは、「少女時代の中で何人も熱愛説が報じられてきたのに、どうしてテヨンだけこんなに話題になっているのか」という質問を投げかけた。MCのキム・グラはこれに対し、「テヨンのファン達は、テヨンがファンとのコミュニケーションのためにアップしていると思っていたSNSに熱愛の秘密が隠されていたことを知り、裏切られたと思ったに違いない。また、SMで今“最もホットなアイドル”EXOとの熱愛だったからゆえに話題になった」と分析した。

チェ・ジョンア記者もこれに同意し、「SMが販売している少女時代のグッズの内、全世界で一番売れているのはテヨンだ。EXOのベクヒョンも人気メンバーのTOP3には入る」と明かした。

また、キム・グラは「韓国芸能界の歴史を遡っても、こんなに勢いのあるライジングスターで熱愛説が報じられたアイドルは今までいなかった。ファンにとっては衝撃だったと思う」と話した。

これを聞いたチェ・ジョンア記者は、「でも、この日はちょうどEXOのクリスが訴訟を起こした日だった。グループ内で辛いことがあったから、恋人に頼りたくなる気持ちがあったのではないかと思う」とフォローした。

一方、『音談悖說』は音楽界で起こっている現象と事件などを幅広く扱う新感覚音楽トークショーだ。歌謡、ポップなどの深みのある音楽の話から、ゴシップなどの音楽界のホットイシューを扱い、音楽に関するすべての疑問を解決する“お手軽音楽探求番組”だ。キム・グラ、イ・サンミン、ユ・セユン、イム・ジンモ音楽評論家がMCを担当する。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 09日 15:00