[芸能] f(x)クリスタル「練習生時代、人前に立つのが怖くていつも隠れていた」

7月8日に放送されたOnStyle『ジェシカ&クリスタル』では、f(x)のクリスタルがメンバーのビクトリアとルナと共にデビュー前の練習生時代を振り返るトークを繰り広げた。

この日、ルナは「ソルリとクリスタルを見ていて、本当に大きくなったなと感じる。去年まではそうでもなかったけど、今年はすごくそう思う」と話した。

これを聞いたビクトリアは、「クリスタルはいつもうつむき加減で「こんにちはっ」と言った後、さっと通り過ぎていくイメージだった。ソルリも私が事務所に入ってきた時には本当に小さかった」と話し、メンバー達が初対面を果たした6~7年前のことについて語り始めた。

そんなクリスタルは、「ルナは本当に練習ばかりしていた。ビクトリアは本当に可愛かった。私はいつも遊んでいた。毎週日曜日に特技披露の撮影があったから、やりたくなくていつもトイレに隠れていた。人前で何かをすることがとても怖かった」と明かした。

また、ビクトリアは「クリスタルの第一印象は今でも忘れられない。歌う時に緊張しすぎてとてもそわそわしていた。口数が少ない方だったけど、歌い始めると全然違うキャラクターになっていて驚いた」と明かした。

(写真=OnStyleキャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 07月 09日 10:23