[芸能] 『ルームメイト』のパク・ボム、編集無し…強烈な存在感

麻薬密輸疑惑に包まれているガールズグループ2NE1のパク・ボムが『ルームメイト』に編集されずに登場した。

パク・ボムは6日に放送されたSBSの『日曜日が好き - ルームメイト』に出演した。この日の放送は“麻薬疑惑”が持ち上がる前に撮影した録画分で、編集せずに登場した。

この日パク・ボムはメンバーらと料理対決をし、家に遊びに来たイ・ドクファと和気あいあいとした時間を過ごした。

パク・ボムは、料理対決のメインとなった。パク・ボムはチョ・セホとソ・ガンジュンをチームのメンバーに選んでタコを使ったパスタを作った。ホン・スヒョンチームはタコの酢の物とタコのオイルパスタを作って料理対決で勝利した。

パク・ボムは2NE1のファンを自任しているイ・ドクファとも楽しい時間を過ごした。イ・ドクファは「2NE1のファンだ。実力がある。このようなグループは珍しい」と賞賛した。俳優の出演者らと異なり、イ・ドクファが苦手だったパク・ボムは「お兄さんと呼ぶべきか、先輩と呼ぶべきか」と呼称を迷っていた。また、イ・ドクファに「ハリウッドスターを見ているようだ」と困惑していることを打ち明けた。

『ルームメイト』は、パク・ボムの出演について話題となった。この日の放送でパク・ボムは、料理対決で強烈な存在感とバラエティ感覚を発揮しており、メンバーらとも一層親しくなったようだった。招待客として出演したイ・ドクファともリラックスした会話を続け、コミュニケーション力を発散した。

パク・ボムの出演をめぐり、『ルームメイト』の制作陣は公式発表をしていない。引き続き『ルームメイト』に出演するのか関心が集まっている。

[写真=SBS]

Copyright Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 2014年 07月 07日 18:11