[映画] チョン・ウソン「僕の魅力は純粋さと、広い心だ。僕は飽きない男」、自分の魅力について語る

25日に放送されたSBS『真夜中のTV芸能』では、映画『神の一手』の主演を務めたチョン・ウソン、イ・ボムス、イ・シヨン、チェ・ジニョクのインタビューが公開された。

この日、チョン・ウソンは「イ・ジョンジェより自分の方がかっこいいと思うか?」という質問に対し、「かっこいい~かっこいい~」とイ・ジョンジェが出演するCMソングで返答し、抜群のセンスを見せた。

そんなチョン・ウソンは、「(イ・ジョンジェは)韓国を代表するイケメンだけど、僕の方がかっこいいと思います」と自画自賛した。微妙な空気が流れたことを察知したチョン・ウソンは、「突然しーんとしましたね。突然みんな喋らなくなった」とつっこみ、笑いを誘った。

また、以前イ・ジョンジェが演じる予定だった役を奪ったことがあるというエピソードを明かした。チョン・ウソンは、「映画『クミホ』のオーディションを受けたけど、後から聞いたらイ・ジョンジェが第一候補だったらしい。僕がその役を奪ってしまった」とお茶目に答えた。

そして、「(自身は)どのような魅力で多くの異性を魅了していると思うか」という質問に対しては、「純粋さと広い心だ。僕は財布のひもも緩い。飽きない相手になることができる」と自身の魅力を語った。

一方、映画『神の一手』は犯罪と化した賭け碁の死活を懸けた戦いを描いたアクション映画だ。7月3日に韓国で公開される。

(写真=SBS提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 06月 26日 11:44