[芸能] 少女時代テヨン「ファン達をばかにしているつもりはなかった」、波紋を呼ぶSNS問題に釈明と謝罪

19日に熱愛説が報じられた少女時代のテヨンとEXOのベクヒョンは、所属事務所のSMエンターテインメントを通して熱愛の事実を認めた。

テヨンとベクヒョンの熱愛が明らかになり、ファン達は“熱愛の証拠”を続々と見つけ出し、さまざまな反応を見せている。特にテヨンとベクヒョンの二人は、インスタグラムなどのSNSを通して熱愛の事実を密かにアピールしていたのではないかという指摘が集まっている。

テヨンはこれに対し、インスらグラムを通してファン達に対する釈明と謝罪のコメントを残した。テヨンはベクヒョンとの熱愛について、「今日私のせいで驚き、とても傷ついたでしょう。必要のない傷をつけてしまい、本当に申し訳なく思っています。私が不注意だったがゆえに起きてしまった今日の記事について謝りたいです。傷つけてしまってごめんなさい、本当に」と伝えた。

また、「今私が何を言っても、無駄かもしれません。私は釈明するのではなく、1日でも早く傷を癒してほしいと思い、伝えたいことがあります。インスタグラムは、本当にそういう意図で掲載していたものではありません」と批判が集まっているSNSについても言及した。

さらには、「インスタグラムにわざと写真をあげて、楽しんでいた。ファン達をばかにしていた。そう思っている方達が多くいるようなので、これだけは言いたかったです。本当にそういう意図ではなく、そういう目的ではなかったと…」と説明した。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 06月 20日 10:39