[芸能] コン・ヒョジンが交通事故に遭い左腕を骨折、「経過を見て撮影に復帰」

6月19日午前、コン・ヒョジンの所属事務所側はnewsNに対し、「コン・ヒョジンが交通事故に遭い、左腕を骨折した。車に同乗していたスタッフ達と検査結果を待っている。マネージャー、ヘアメイク、スタイリストなどが乗っていた」と明かした。

また、「軽傷だという報道があったが、あまり軽傷とは言えない。左腕の骨折に加え、顔にも少しかすり傷を負ったようだ。撮影の復帰は、検査結果を見てから判断する予定だ」と伝えた。

コン・ヒョジンはこの日の午前1時10分頃、SBS水木ドラマ『大丈夫だ、愛だ』の撮影を終えて、京畿道龍仁市(キョンギド・ヨンイン市) からソウルに向かっていたところ、乗っていた車が貨物を載せた車2台と衝突し、3台に及ぶ衝突事故が発生した。この事故により、コン・ヒョジンは左腕を骨折し、同乗していたスタッフ達も負傷を負った。近隣の病院に搬送された後、検査と治療を受けたことが明らかになった。

一方、コン・ヒョジンは現在7月から放送が始まる『大丈夫だ、愛だ』の撮影中だ。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 06月 19日 11:12