[芸能] SOL「ミン・ヒョリンとのベッドシーン、もっと激しくやればよかった」

BIGBANGのSOLは16日に放送されたMnet『WIDE ENTERTAINMENT NEWS』で新曲「EYES, NOSE, LIPS」のミュージックビデオについて、「映像の中でミン・ヒョリンの写真が燃える印象的なシーンがあるけど、ファンの皆さんがあまりよく思わないのではないかと心配していた」と明かした。

SOLは4年ぶりに発表したソロ正規2集アルバムの収録曲「1AM」のミュージックビデオを通して、ミン・ヒョリンとの大胆なキスシーンとベッドシーンを披露し、注目を集めていた。二人は別れた後にお互いのことを思い出しながら苦悩する恋人役として登場した。

このミュージックビデオには、別れた辛さを忘れるため、夜遅くまでお酒を飲んでいたSOLがミン・ヒョリンと愛し合っていた時のことやケンカしたことを思い出し、元恋人を恋しく思うシーンなどが収められている。

SOLはこれについて、「正直、ミュージックビデオを見たファンの皆さんは、そこまで驚かなかったと思う。2006年にキスシーンでデビューしたから、僕達のファンはある程度免疫があると思う。思ったよりも大胆ではなかったと言われた。もっと激しいスキンシップをすればよかったかなと思った」と微笑んだ。

一方、SOLは2日にタイトル曲「EYES, NOSE, LIPS」を発表し、公開直後からMelon、Mnet、olleh musicなどの各種オンライン音源サイトのリアルタイム・デイリー・週間チャートなどで1位を席巻し、人気を集めている。また、Mnet『M COUNTDOWN』やMBC『音楽中心』などの音楽番組では1位を獲得するなど、活発な活動を行っている。

(写真=Mnet『WIDE ENTERTAINMENT NEWS』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 06月 17日 10:40