[芸能] B1A4バロ「知的障害者役の演技、事務所からも反対された」、ドラマのキャスティング秘話を公開

最近“演技アイドル”として人気を集めているB1A4のバロは、6月17日に放送されるKBS 2TV『1対100』の収録に参加し、5000ウォンの賞金を得るためのクイズに挑戦した。

この日の収録では、バロはSBSドラマ『神の贈り物』のキャスティング秘話について明かした。

当初、バロがドラマのオーディションを受けた時には違う配役が予定されていたが、バロはオーディション現場で知的障害者のヨンギュ役の存在を知り、やってみたいと思い、監督にオーディションを受けさせてほしいと頼み込んだという。

しかし、アイドル歌手が知的障害者を演じることについて、所属事務所からは反対されたが、バロは演技に対する情熱で所属事務所を説得し、ヨンギュ役のオーディションを受けることになったという。

一方、17日に放送されるKBS 2TV『1対100』のワールドカップ特集には、B1A4のバロやKBSサッカー解説者のイ・ヨンピョなどが出演する。

(写真=KBS 2TV提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 06月 17日 10:36