[K-POP] 【YG】G-Dragon、TABLOが語るSOLは?

SOL(テヤン)のアルバム作業記を収めたコメンタリー映像が公開された。

YGエンターテインメントは11日、公式ブログを通じて『JOURNEY TO RISE(ジャーニー・トゥ・ライズ)』というタイトルのアルバムコメンタリー映像を公開した。

約4分30秒の映像には、SOLのアルバムに携わったスタッフたちのコメントとSOLのアルバム作業中の様子がモノクロで入っている。作業室に向かうSOLの後ろ姿から始まる映像でSOLは、「長い旅だった」とし、「本当に多くのことを学び、良い時も悪い時もあった」と感想を伝えた。

BIGBANGのメンバーであり、SOLの“親友”のG-Dragonは、「アルバム出す前に、ひどく悩み、何よりスケジュールが延期されていろいろと大変そうだった」とし、「これまでのSOLの姿が名前のように強烈な感じだとしたら、今回のアルバムからは赤い夕焼けのように一層大きくなり、より深みが出た感じがそっくりそのまま収められていると思われる」と明らかにした。

プロデューサーのChoice37は「約4年前からSOLのニューアルバムの準備をしていた。音楽的に新しい方向性を探したので少し時間が掛かり、今までに試したことの無い音楽を用意した。本人がアルバムにしっかりとしたメッセージを植え込みたがった」と語った。

TABLOは「僕と作業した曲だけでも、ダブルCDを出せるようだ」とし、「とても多くの曲を作業したが、それほど簡単には満足できないタイプだ」とSOLの完璧主義を賞賛した。

SOLは新曲『EYES, NOSE, LIPS』で活発な活動を繰り広げている。

[写真= YG]

Copyright Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 2014年 06月 12日 14:10