[映画] カン・ドンウォン『群盗』vsキム・ナムギル『海賊』、観客の心を盗む最強の映画は?

夏の劇場街で大盗賊らが強大な興行対決を繰り広げる。

韓国型時代劇の超大作『海賊:海に行った山賊』と『群盗:一揆の時代』が、朝鮮時代の盗賊という共通の素材で今年の夏、劇場街でクールに対戦する。

『海賊』は、朝鮮建国の運命を賭けた最強の盗賊たちの大激戦を、『群盗』は、朝鮮後期の腐敗した国家に挑戦する義賊のアクション活劇作品。2作品共に夏の封切りを控え、観客の心を盗む最強の盗賊はどちらか、関心が集まっている。

まず『海賊』は、興味深いストーリーや海賊という独特の素材、海洋アクションと見どころなどで“韓国版パイレーツ・オブ・カリビアン”誕生を予告する。また、海を制圧した海賊団の女親分で生涯初の高難易度アクション演技に挑戦したソン・イェジンと度胸の据わった伝説の山賊団の親分“チャン・サジョン”で新たなカリスマを披露するキム・ナムギルが期待を集める。

映画『群盗』は“安心して見られる俳優”ハ・ジョンウと軍除隊後の最初の作品となるカン・ドンウォンの強大なパワーが女心を刺激する予定だ。ポスター公開だけでポータルサイトを掌握し、話題性の面で最高の作品として期待を集めた。

『群盗』と『海賊』、夏の劇場街を掌握する盗賊はどちらか、多くの映画ファンの関心が集まっている。

Copyright Innolife & Digital YTN & Joynews24 & inews24 2014年 06月 09日 14:37