[K-POP] ソ・イングクが台湾でファンミーティングを開催、ファンサービス満載

ソ・イングクは24日に台湾の台北に位置する南港101で行われた『ソ・イングク Live Show in Taipei 2014』に参加し、多くのファンと楽しい時間を過ごした。

この日、約1000人のファンと対面したソ・イングクは、ヒット曲「恐れもなく」や「サランへU」、「笑って泣いて」などをはじめとし、最近発表した新曲「BOMTANABA」を台湾で初披露し、大きな歓声を浴びた。

また、ソ・イングクは「サランヘU」のステージでイベントに当選したファンをステージに上げ、目を見つめたままバックハグをして歌うというロマンティックなファンサービスを披露した。これ以外にも、ファン達と対話する時間には、最近撮影しているドラマ『高校世渡り王(原題)』に関する裏話を語り、料理コーナーでは台湾料理のルンピンを作るなどのパフォーマンスで会場を盛り上げた。

ソ・イングクはこの日、体調が優れなかったにもかかわらず、公演を見に来てくれたファンのために、公演終了後にステージから飛び降り、ファン達と近い距離で直接挨拶をし、写真撮影をするなどのファン思いな一面を見せた。

それだけでなく、公演が終わった後にはすべてのファンと握手会イベントを行い、一人一人のファンに感謝の気持ちを伝えた。

一方、台湾でファンミーティングを終えたソ・イングクは、tvNの新しい月火ドラマ『高校世渡り王』で初々しい高校生と大企業の本部長としての“ニ重生活”を送る主人公を演じる。

(写真=JELLYFISHエンターテインメント提供)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 29日 15:06