[芸能] ZE:Aヒョンシク「デビュー当時、グループ内で「貴公子」担当、正直きつかった」

ZE:Aのヒョンシクは5月27日に放送されたMnet『4つのショー』でデビュー当時の自身について語った。

この日、ヒョンシクは「ZE:Aのステージをやっていて、僕にはしっかりとしたインパクトがなかった。デビューする時は普通グループの中でどういうパートを担当しているかを言うけど、僕の場合は「貴公子」だった」とデビュー当時について明かした。

また、「本当にきつかった。アイドルは本当にすごいと思う。こういうのをどうやって耐えていくんだろう?これは本当に自分との戦いだ。結局「貴公子」が厳しかったから、「一番背の高い」メンバーとしてアピールをしていって、今では「メインボーカル」だと言っている」と明かした。

一方、ヒョンシクはMBC『チンチャ サナイ~男の中の男』を通してずば抜けた個性を発揮し、人気を集めている。ヒョンシクが属しているグループZE:Aは6月2日にミニアルバムを発表し、本格的なカムバック活動を始める。

(写真=Mnet『4つのショー』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 27日 18:28