[芸能] ZE:Aヒョンシク「アイドルだからと言ってダンスを踊らないといけない?誠意がない」

ZE:Aのヒョンシクは5月27日に放送されたMnet『4つのショー』でアイドル歌手としての悩みを打ち明けた。

この日、ZE:Aのメンバー達は「僕達は個人ではうまくいくのに、どうしてチームになるとうまくいかないんだろうか」という悩みについて語った。

ミンウとケビンはこれについて、「それでも一人ずつ人気になっていっているから、まだチームが維持されているけど、そうでなければアルバムも出せなかっただろう。これからも出せるかどうかは分からないけど、出来るなら僕達が音楽をやっている人間として、僕達が作った音楽で楽しみたい」と話した。

これを聞いたヒョンシクは、「僕達は歌手だ。歌手はダンスを踊る時もあれば踊らない時もある。アイドルだからと言って絶対に踊らないといけないというのは、誠意がないと思う」と自身の考えを語った。

一方、ヒョンシクはMBC『チンチャ サナイ~男の中の男』を通してずば抜けた個性を発揮し、人気を集めている。ヒョンシクが属しているグループZE:Aは6月2日にミニアルバムを発表し、本格的なカムバック活動を始める。

(写真=Mnet『4つのショー』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 27日 18:27