[K-POP] EXO-K、騒動の中『M COUNTDOWN』で余裕のステージを披露

5月15日に放送されたMnet『M COUNTDOWN』では、EXO-Kが「Overdose」のステージを披露した。

この日、EXOの中国人メンバークリスが所属事務所SMエンターテインメントを相手に専属契約無効の訴訟を申し立て、話題を集めていた。しかし、EXO-Kのメンバーたちはこの日午前にすでに事前収録を終えていたため、生放送のステージを披露することはなかった。また、クリスはEXO-Mのメンバーであるため、EXO-Kの活動には大きな支障はないとみられる。

EXOのタイトル曲「Overdose」は、ヒップホップとR&Bを基盤にしたアーバンダンスジャンルの曲であり、世界的にも有名なプロデューサーチームThe Underdogsと有名作曲家ケンジが手を組んだことで注目を集めていた。 音源公開直後から韓国の音源チャートを席巻し、11ヶ国のiTunesチャートのTOP50に入るなど、熱い人気を集めている。

一方、この日の『M COUNTDOWN』には、BTL、Vetty L、A-PRINCE、M.Pire、LUNAFLY(feat. ミリョ)、Eddy Kim、パク・シファン、15&、楽童ミュージシャン、A Pink、NSユンジ、チョンギゴ(feat. Olltii)、4Men、G.NA、EXO-Kなどが出演した。

(写真=Mnet『M COUNTDOWN』キャプチャー)

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 16日 12:13