[芸能] EXOタオがクリスの訴訟騒動について心境を明かす…「真実は経験した人のみが理解できる」

15日にEXO-Mの中国人メンバークリスが所属事務所であるSMエンターテインメントを相手に専属契約無効を申し立てたことにより、熱い注目が集まる中、メンバーのタオがインスタグラムに掲載した書き込みが話題になっている。

15日午後、タオは自身のインスタグラムに足跡が残る砂の写真を掲載し、長文の書き込みを残した。

タオは「道は長く、どこに向かっていくかは他の人が決められることではない。大衆には常に明かされていないことがある。おそらく大衆は少数の肩を持つかもしれない。でも、それは真実ではない」と残した。

また、「真実は経験した人のみが理解できることだ。例えば、僕たち11人とSMの方達。外部には事実ではないことが映し出されることもある。他の人に裏切られた感情、そしてむしろ多くの人が裏切り者の味方になるということは気付かれない場合もある」と続けた。

さらには、「それぞれが自身の観点と意見を持つことはできる。でも、正しいこととそうでないことは事実が語っている。潔白だ」と残した。

また、この騒動が単独コンサートを目前にして起きたことについても語った。「汗を流しながらコンサートの準備をしていたのに、一人の男が帰ってこないというニュースを目にした。今はEXOのメンバー11人とコンサートの準備をしている。疲れた。EXOを愛そう」と締めた。

しかし、このような書き込みが掲載された直後からEXOファンの間では、実際にEXOのタオが書いた文章であるのかどうかに関心が集まった。これを受け、タオは追加で「僕がEXOのメンバータオであり、インスタグラムにあげた内容は、僕が直接書いたものだ。何も隠す必要がない」と主張した。

しかし、ファンたちはそれでもなお動揺している模様だ。タオは普段からクリスと仲が良かったメンバーとして知られており、この日の文章は普段のタオの口調ではないという意見もあり、注目が集まっている。

(写真=eNEWS DB 提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 16日 11:26