[芸能] 『チンチャサナイ』PDが明かす、フィリピン派遣兵撮影の裏側!!

MBC『チンチャ サナイ~男の中の男』側は、今年の初めから国防部と行ってきた海外派遣兵の撮影に関する協議の末、5月5日から5泊6日間フィリピンのアロー部隊で番組の撮影を行った。

今回の撮影には、パク・ゴンヒョン、キム・スロ、チョン・ジョンミョン、サム・ハミントン、ソ・ギョンソク、ZE:Aのヒョンシク、SUPER JUNIOR-Mのヘンリー、K.willなどのメンバーが参加した。チンチャサナイメンバーたちは、現地で40度近い暑さと言語の壁を克服するため、全力を尽くしたという。

これに関連し、『チンチャ サナイ~男の中の男』のキム・ミンジョンプロデューサーは5月12日、「現地の天気は40度近くまで上がり、とても暑かった。そんな所で撮影が行われたため、メンバーたちは炎天下で任務を行いながら、かなり苦労した」と明かした。

また、「なんといっても海外での撮影だったため、言語の問題が大きかった。そういう点では英語が話せるヘンリーとサムが相対的に早く適応できていたようだ。現地の方達が親切にしてくれたおかげで撮影を無事に終えることが出来た」と伝えた。

そして、今までも番組内では一般兵士たちがチンチャサナイメンバーたちにも劣らない存在感を見せ、話題を集めていた。キム・ミンジョンプロデューサーはこれについて、「フィリピン部隊の場合は、陸海空がすべて集まっているため、多くの一般兵士たちが個性溢れる魅力を見せてくれた。現地の兵士たちが楽しく撮影に協力してくれて、とても感謝している」と語った。

一方、視聴率調査会社ニルソンコリアによると、11日に放送された『チンチャ サナイ~男の中の男』は全国基準12.7%の視聴率を記録し、同時間帯で1位を獲得した。前週の放送で記録した10.8%に比べ、1.9P上昇した。

(写真=MBC『チンチャ サナイ~男の中の男』公式ホームページ)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 12日 14:16