[芸能] それぞれ1回ずつ熱愛説が報じられていたチュ・ジフン&ガインカップル…過去の熱愛説

チュ・ジフンは2004年にSBSシットコム『狎鴎亭の宗家』でデビューし、2006年にはドラマ『宮-クン- Love in Palace』を通して一気に知名度を上げた。その後、ドラマ『魔王』、『蒼のピアニスト』、『メディカルトップチーム』、映画『私は王である!』、『結婚前夜』などで俳優としての経験を積んできた。

また、2006年にBrown Eyed Girlsとしてデビューしたガインは、小柄ながらもボリューム感のあるスタイルや濃いアイメイクなどで人気を集めてきた。「どうして」、「L.O.V.E」、「Abracadabura」、「Sixth Sense」などのヒット曲を生み出し、ソロとしての活動も行ってきた。

デビュー10年目になるチュ・ジフンとデビュー8年目になるガインは、それぞれ一回ずつ熱愛説が報じられていた。チュ・ジフンは2006年の『宮-クン- Love in Palace』撮影当時、パートナーであったユン・ウネとの熱愛説が報じられたが、否定した。

また、ガインは2011年までMBC『私たち結婚しました』を通して仮想夫婦として過ごしてきた2AMのチョグォンと実際に付き合っているのではないかと騒がれていた。しかし、ガインとチョグォンは当時、「本当に仲の良い友人であり、恋人関係ではない」と否定した。

このようにそれぞれが一回ずつ熱愛説を否定していたチュ・ジフンとガインは、デビュー以降初めて熱愛を公式に認め、ファンからの注目が集まっている。

一方、チュ・ジフンの所属事務所関係者は5月9日にnewsNとの通話で「ガインと知り合ってからかなり経っているが、今年の初めにガインのミュージックビデオに出演したことがきっかけで距離が縮まった。正式な交際を始めてから1ヵ月になる」と明かした。

ガイン側の関係者も、「ガインとチュ・ジフンが交際しているのは事実だ。8年間友人として過ごしてきたが、1ヵ月前に恋人関係に発展し、交際している」と認めた。

一方、二人は今年2月に発売されたガインのソロアルバム『Truth or Dare』の先行公開曲「FxxK U」のミュージックビデオで過激で19禁演技を披露し、注目を集めていた。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 09日 15:01