[芸能] チュ・ジフンとガインが熱愛を認める、MVでの共演から実際の恋人へ…

Brown Eyed Girlsのガイン(27)と俳優チュ・ジフン(32)が熱愛を公式に認めた中、二人が恋人役として熱演を繰り広げていた“19禁ミュージックビデオ”に注目が集まっている。

9日、ガインとチュ・ジフンの所属事務所は、この日午前に報道された熱愛説に関し、二人が現在交際中であることを公式に認めた。両方の所属事務所は、「長い間親交があった二人が1ヵ月前から交際している」と明かした。

長い間親しい友人として過ごしてきた二人は、最近ガインのミュージックビデオでカップル役として共演し、恋人に発展した。

チュ・ジフンはガインが2月に発表したガインのミニアルバムの収録曲「Fxxk U」のミュージックビデオに出演し、衝撃的な“19禁演技”を披露した。当時、二人は俗語が含まれる歌詞や過激なスキンシップで注目を集めていた。

二人は6日にソウル蚕室(チャムシル)総合運動場で開かれたシンガーソングライタージョン・メイヤーの公演をBrown Eyed Girlsのジェアとモデル出身の俳優キム・ジェウクと共に訪れ、公演を楽しむ姿が目撃された。

公演に続き、知人たちとの飲み会を楽しむ様子が某芸能メディアのカメラにとらえられ、二人の関係が明らかになった。

一方、ガインは2006年にBrown Eyed Girlsの1集『Your story』でデビューし、多くのヒット曲で人気を集めてきた。また、独特のセクシーな魅力でソロ活動も行い、幅広く活躍してきた。

チュ・ジフンはMBCドラマ『宮 -Love in Palace-』で皇太子イ・シンを演じ、韓流スターとして人気を集めた。2009年に入隊し、SBS『蒼のピアニスト』と映画『私は王である!』でカムバックした。

(写真=eNEWS DB)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 09日 10:51