[K-POP] ヒチョル「礼儀の正しい僕が大先輩達にタメ口…」、『花よりおじいさん捜査隊』制作発表会に登場

7日午前11時、SUPER JUNIORのヒチョルはソウル中区(チュング)のプレスセンターで行われたtvNの新しいバラエティー型ドラマ『花よりおじいさん捜査隊(原題)』の制作発表会に出席し、「僕に高い演技力を要求する作品だ」と語った。

ヒチョルは、「普段から礼儀が正しいことで知られている僕としては、大先輩達にタメ口を聞くのが難しかった。そういうところでは、先輩達がアドリブでカバーしてくれた。チャン・グァンさんは初めて会った時に「タメ口でいいぞ。お前より僕の方が一歳若い」と言っていた。でも、僕は礼儀が正しいから(タメ口をきくシーンでは)人生最大の演技をしている(笑)」と冗談交じりに話し、笑いを誘った。

そんなヒチョルは、今回のドラマで警察庁長の息子パク・ジョンウを演じる。友達だったイ・スンジェ、ピョン・ヒボン、チャン・グァンが突然70代のおじいさんになってしまい、一人残された20代の体で生きていく人物だ。

一方、『花よりおじいさん捜査隊』はある日突然70代のおじいさんになってしまった若い刑事たちと20代のエリート警察が元の体を取り戻す為に奮闘する過程をコミックに描いたドラマだ。イ・スンジェ、ピョン・ヒボン、そしてSUPER JUNIORのヒチョルの出演によって話題が集まっていた。

また、『テーマゲーム』、『男3女3』などを手掛けたバラエティー作家出身のムン・ソニ作家と映画『危険な相見礼』、『淸潭菩薩』、『音痴クリニック』などを演出したキム・ジニョン監督が手を組んだ作品だ。『花よりおじいさん』の後続として放送される予定だ。

(写真=ホ・ジョンミン記者)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 07日 18:22