[映画] 【単独】2PMジュノが『20』にキャスティング、キム・ウビンの友人役として登場

複数の映画関係者によると、最近2PMのジュノがイ・ビョンホン監督の映画『20(原題)』への出演を決定したという。キム・ウビンの友人役として登場し、俳優としての魅力はもちろん、ジュノならではの個性で映画ファンを魅了する予定だ。

これに先立ち、ジュノは昨年公開された映画『監視者たち』に出演し、歌手ではない、新人俳優として注目を浴びた。警察内の特殊組織の監視班エース“リス”を演じ、短い時間ながらも絶大な存在感を見せつけた。ソル・ギョング、チョン・ウソン、ハン・ヒョジュなどの演技派俳優達の間でも自身の役割を見事に果たし、俳優としての可能性にも期待が集まっていた。

映画『20』は『頑張って、ビョンホンさん』を演出したイ・ビョンホン監督の新作映画だ。すべてのことが目新しく、胸を踊らす20歳の男3人の愛と友情を描いた。映画『シングルス』の男バージョンであり、キム・ウビンとジュノが演じる愉快なストーリーに関心が集まっている。

これについて所属事務所関係者は2日、eNEWSに対し、「現在ジュノが出演を検討している作品だ」と明かした。

一方、『20』は今年の夏にクランクイン予定であり、下半期の公開を目標に製作を行う。

(写真=eNEWS DB提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 02日 16:55