[ドラマ] 『カプトンイ』イジュン、3人目の犠牲者は誰??“殺伐とした眼差し”

1日、tvN金土ドラマ『カプトンイ(原題)』の公式ホームページには、イジュンをはじめとし、ユン・サンヒョン、キム・ミンジョン、キム・ジウォンなどの撮影現場ビハインドスチールカットが公開された。

イジュンは劇中で“サイコパス”リュ・テオを演じており、ずば抜けたカリスマで視聴者の関心を浴びている。

今回公開された写真のイジュンは、黒い革のジャケットにフードをかぶり、無表情な姿で佇んでいる。その目は鋭くどこかを見つめており、何かが起こりそうな予感をさせる雰囲気だ。

2日に放送される5話では、リュ・テオと刑事ハ・ムヨム(ユン・サンヒョン)がついに対面するシーンが公開される予定であり、イジュンの熱演に期待が集まっている。

一方、『カプトンイ』は17年前に仮想の都市イルタンで起こった連続殺人事件を背景にした20話のミステリー追撃ドラマだ。17年前に起こった連続殺人事件の有力な容疑者“カプトンイ”を追跡する刑事ハ・ムヨム(ユン・サンヒョン)を中心にカプトンイに関わりのある人物たちのストーリーを描いた。

連続殺人事件の容疑者の濡れ衣を着せられた父親の疑いを晴らす為、刑事になったハ・ムヨム(ユン・サンヒョン)、秘密を持った精神科専門医オ・マリア(キム・ミンジョン)、カプトンイを捕まえるためにすべてを投げ出したヤン・チョルゴン(ソン・ドンイル)、一見平凡なバリスタだが、サイコパス系の危険な人物リュ・テオ(イジュン)、マチルダというペンネームを持ったウェブチューン作家で、ハ・ムヨムに片思いするマ・ジウル(キム・ジウォン)などが主要登場人物だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 02日 14:55