[映画] BoA主演の韓米合作映画『Make Your Move』、「スキンシップの多かった撮影…」

4月30日に放送されたSBS『真夜中のTV芸能』では、BoAが映画『Make Your Move』で共演したパートナーデリック・ハフについて語った。デリック・ハフは、『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』で4回も優勝に輝いた実力派ダンサーだ。

BoAは「毎回ダンスバトルをしていた。いろんなスタイルの振り付けがとても多かった。踊りながら「君が負けたよ、僕が負けたよ」とバトルしながら、うまくいった時には一緒に喜んだりしていた」と語った。

また、「カップルダンスは、一人がリズムを逃すと怪我をしかねない難易度の高いものが多かった。今回の映画の振り付けが今までで一番難しかった。もう一度やれと言われても出来ないと思うほどだ」と明かした。

BoAは以前相手役のデリック・ハフについて、「私の足をこんなふうに触った男は今までいなかった」とコメントしていた。これに関して、「足だけではない。振り付け自体がそういうものだった。人がこんな風にベッドに上がることが出来るんだなあと思った」と微笑んだ。

彼に対する恋愛感情について聞かれると、「彼と恋愛をするには私があまり英語をできない」とセンスのある答えで笑いを誘った。

(写真=SBS『真夜中のTV芸能』キャプチャー)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 05月 01日 10:43