[ドラマ] チュウォン出演の『のだめカンタービレ』、日本版の役どころは…??

4月29日、チュウォンの所属事務所関係者はnewsNに対し、「チュウォンが日本のヒット作『のだめカンタービレ』韓国版の出演が決まった。現在最終調整をしている」と明かした。

漫画が原作の『のだめカンタービレ』は、韓国でも人気を呼び、主演の上野樹里と玉木宏が熱い注目を浴びていた。チュウォンが演じる天才音楽家のキャラクターは、日本版では玉木宏が演じた千秋だ。

千秋は外見と実力を兼ね備えた男性であり、冷たく自己中心的な性格だ。さらにピアノとバイオリンが得意という完璧な男だが、飛行機事故に関する記憶のせいで海外に出ることができない。

千秋に気持ちを寄せ、追いかけまわす天然キャラクターののだめの影響により、千秋は徐々に変わっていく。千秋はのだめを面倒に思いながらも、彼女の隠された才能を発見し、コミックながらも愉快なロマンスを繰り広げる。千秋は音楽家としてのカリスマを見せながらも、同時にコミックな姿も見せる魅力的なキャラクターだ。

冷たく接しながらものだめのことを気にかけ、天才的な音楽の才能を持つ千秋のカリスマと可愛らしい魅力を演じるチュウォンに期待が集まっている。

一方、韓国版『のだめカンタービレ』のヒロインには、シム・ウンギョンが有力とされており、KBS 2TVの月火ドラマとして10月から放送される。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 30日 12:29