[芸能] 続々と極秘入隊するスター達…カン・ドンウォン、ユ・スンホに続いてユン・シユンまで

4月28日、俳優ユン・シユンが極秘裏で海兵隊に入隊したことが明らかになり、注目が集まる中、ユン・シユンのようにファンに内緒で入隊したスター達に関心が集まっている。

28日午後1時50分頃、ユン・シユンは浦項(ポハン)海兵隊訓練所に入所し、2年の間現役の海兵隊として服務する予定だ。韓国の健全な青年として軍の服務に強い意志を見せてきたユン・シユンは、今年1月にKBS 2TV月火ドラマ『総理と私』を撮影していた当時に海兵隊に志願し、合格通知を受けていたことが明らかになった。

所属事務所によると、一般の軍人に比べて比較的遅い入隊であることに加え、当然行かなければいけない軍隊であるため、他の軍人たちに迷惑をかけずに静かに入隊したいという本人の希望により、入隊に関する内容は一切外部に知らされていなかったという。

俳優ユ・スンホも2013年3月5日に20歳という若い年齢で江原道・春川(カンウォンド・チュンチョン)の102補充隊に入隊し、話題を集めた。ユ・スンホは入隊前最後の挨拶を収めた動画をファンサイトに掲載し、3月5日に入隊した。

入隊前から静かに入隊すると宣言していたユ・スンホは、関係者を通して「一人で入隊するのではなく、一緒に入所する人達がいるのに、周囲のことを考えなければならない。騒がしく入隊するのはよくないと思う」と伝えた。現在、ユ・スンホは陸軍27師団新兵教育隊で助教として服務しており、今年12月に除隊予定だ。

また、俳優イ・テソンも昨年11月29日に周囲の人に入隊の事実を明かさないまま忠南・公州(チュンナム・コンジュ)の32師団新兵教育隊に現役入所し、現在は常勤予備役(基本軍事教育訓練を受けた後、自宅通勤しながら地域防衛に関連する分野に服務する)として服務している。イ・テソンは予定されていた自身の結婚式を延期し、突然入隊を決めたことにより注目が集まっていた。

イ・テソン側の関係者は、「ドラマ『金よ出てこいコンコン』以降、入隊が急に決まった。そのため、インタビューや旅行なども全く出来ないまま入隊した。イ・テソンも静かに入隊することを望んでいたため、入隊については明らかにしなかった」と伝えた。

そして、俳優カン・ドンウォンも2010年11月18日に極秘裏で忠南・論山(チュンナム・ノンサン)訓練所に入所し、多くのファンを驚かせた。カン・ドンウォンは徴兵身体検査で肩の習慣性脱臼により4級補充役の判定を受け、4週間の基礎軍事訓練の後、公益勤務要員として服務した。

カン・ドンウォンは入隊前からさまざまなインタビューを通して、「現役入隊でもないのに、メディアやファン達の関心を集めたくない」と語っていた。カン・ドンウォンは2012年11月に招集解除(除隊)し、ファン達の元に帰ってきた。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 28日 17:48