[芸能] キム・スヒョンの寄付、事務所も驚いたその理由とは!?

SBS『星から来たあなた』に出演し、アジア全域で絶大な人気を集めているキム・スヒョンが3億ウォンをセウォル号沈没事故の被害者たちのために寄付した。キム・スヒョンは募金団体ではなく、檀園(ダンウォン)高校に直接寄付をしたことにより、さらに注目を集めている。彼はいったいどのような経緯で高校に寄付をすることになったのだろうか。

キム・スヒョンは18日に中国北京で開かれたサムスン電子ギャラクシーS5のランチングショーケースに参加するため、出国した。セウォル号の惨事が起こってからわずか3日目、国民は大きな衝撃を受けていたため、慌ただしい中の出国だった。関係者の間では、「イベントを延期しよう」という意見もあったが、事前に組まれていた海外スケジュールを延期するわけにはいかなかった。

当日、キム・スヒョンは黒い帽子を被り、静かに空港に登場した。イベント進行側の関係者は、「とても難しい状況だった。事前に決まっていたイベントだったため、延期することが出来ずに出国した。キム・スヒョンを含み、全員が苦しんでいた」と明かした。

キム・スヒョンは出国以降、予定されていたギャラクシーS5のショーケースと北京モーターショーに参加した。忙しいスケジュールの中でも、彼はセウォル号関連のニュースをこまめにチェックしていたという。イベントには黒系のスーツを着て登場するなど、セウォル号の犠牲者たちに対する追悼の意を表した。

所属事務所関係者は、「普段から関心の合った児童、青少年たちに起こった悲劇に大きな衝撃を受けたようだ。ニュースを見ながら、どのように自分が手助けできるかを悩んだと言っていた」と明かした。

そんなキム・スヒョンの寄付は、メディアを通して明らかになる前日(23日)に所属事務所関係者たちに伝わった。セウォル号事故の現状を見守っていた彼は、檀園高校の学生たちのために使ってほしいと言ってきたという。犠牲者たちのための支援も必要だが、残った学生と学校関係者たちを励まし、治癒していかなければならないという本人の意志によるものだった。

また、この関係者は「寄付のことを前日に知った。檀園高校に寄付すると言われ、その通りにした。後々考えてみると、相当悩んだことが感じられた。少しでも多くの手助けが必要な場所を探していたようだ」と明かした。

寄付はそれだけでも価値のある行為だ。しかし、学生たちのことを考えた彼の真心がより意味のあるものだったと言える。

(写真=KEYEAST提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 25日 16:04