[映画] イ・ビョンホン、『ターミネーター5』で4番手の重要な役柄に挑戦

アメリカの映画データベースを扱うIMDBによると、最近公開された『ターミネーター5』の出演者リストには、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、アーノルド・シュワルツェネッガーに続き、4番目にイ・ビョンホンの名前が上がっていたことが明らかになった。

通常、出演分に応じて出演者の名前が掲載されることを考えると、4番目という順番は相当重要な助演になることが予想される。

これに先立ち、アメリカのメディアはイ・ビョンホンが『ターミネーター5』でサラ・コナー(エミリア・クラーク)を殺す為に未来からやってきた新しい種類のターミネーター暗殺者の役を演じると予想していた。イ・ビョンホンが演じる役については、まだ具体的な事は明らかになっていないが、ストーリーの中心になる重要な助演であることは明らかになっている。

パラマウント社は、『ターミネーター』リブート版を計3部作として制作する予定であり、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラー監督がメガホンをとる。前編とは違い、新しいシリーズとして制作される『ターミネーター5』は、『アバター』のレータ・カログリディスと『ドライブ・アングリー3D』のパトリック・ルシエが脚本を担当する。また、アーノルド・シュワルツェネッガーが前編に続いて出演し、ジェイソン・クラークがジョン・コナー役、エミリア・クラークがサラ・コナーを演じる。

一方、『ターミネーター5』はサラ・コナーの父親カイル・リースの若い頃を描く。2015年7月1日に全米で公開される。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 24日 16:22