[K-POP] JUNIELが歌ったヨンガマンヒョンジェの10周年記念シングル「次の日」がチャートを席巻!!

4月16日正午に公開された「次の日」は、4月17日午前9時までに音源サイトBugs!のデイリーチャートで1位、ソリパダのリアルタイムチャートで1位にランクした。また、Melon、mnet.com、DAUMミュージック、NAVERミュージック、olleh musicなどの音源サイトでも順位を上げている。

新曲「次の日」は、実力派の女性ソロ歌手JUNIELが歌ったスローテンポのバラード曲だ。恋人と別れた主人公が酒に酔い、別れた恋人に電話をかけて泣きながらすがりつくが、その次の日には全く記憶がないというストーリーを表現した歌詞が印象的であり、別れを経験したことのある人なら誰もが共感のできる内容になっている。

今回、特有の雰囲気を持ち、愛嬌溢れるJUNIELがヨンガマンヒョンジェと初めてコラボし、悲しい別れの曲を見事に歌いきったと評価されている。

一方、ヨンガマンヒョンジェはデビュー10周年を迎え、毎月1曲ずつ新曲を発表している。10組のアーティストとコラボした計10曲を発表する予定だ。歌手兼俳優のイム・チャンジョンからスタートし、すでに4Minute、AFTERSCHOOL、Electroboyzなどとコラボした音源を公開し、注目を集めている。

(写真=FNCエンターテインメント)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 17日 15:52