[芸能] A Pinkナウン、人気がウンジとナウンに集中していることについて「誰にでも機会は来るもの」

A Pinkは最近行われたMnet(韓国Mnet)『ビートルズ・コード 3D』の収録に参加した。

この日、A Pinkのナウンは「ウンジとナウンに人気が集中していることについてどう思っているのか」という質問を受けた。

ナウンはこれに対し、「「ウンジと他の子達」、「ナウンのグループ」という書き込みを見て、落ち込んだことがある。誰にでも機会は来るものだし、その機会が来る時期というものがあると思う」と答えた。

また、チョロンは「A Pinkといえばウンジ、ナウンと思われていることは否めない。でも、いつでも機会は訪れるものだし、その機会は自分で掴むものだと思って、一生懸命努力している。大衆の見る目は正しいと思う」とリーダーらしい発言で注目を集めた。

また、この日の収録にはA Pinkと共にMBLAQが参加し、さまざまなトークを繰り広げた。MBLAQのミルは恋人にしてあげたイベント経験について、「学生時代にろうそくをハートの形に作ったり、告白の内容を書いたチラシを作ったりもした」と明かした。

(写真=Mnet)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 15日 16:04