[K-POP] EXOがチームに分かれて別々の活動に突入、韓中同時カムバック

EXOの2枚目のミニアルバム「中毒」が21日に発売される。今回のアルバムはEXOがEXO-KとEXO-Mに分かれて、韓国と中国で同時活動する予定であり、韓国語のEXO-Kバージョンと中国語のEXO-Mバージョンの2種類で発売される。

今回のミニアルバムにはタイトル曲「中毒」をはじめとし、「Moonlight」、「Thunder」、「Run」、「Love Love Love」などのさまざまなジャンルの新曲5曲が収録されており、The Underdogs、Kenzie、ユ・ハンジンなどの国内外の有名ヒットメーカー達が参加したことにより、完成度の高いアルバムに仕上がっている。

また、EXOは今回のアルバムで韓中同時カムバックし、EXO-Kは18日のKBS 2TV『ミュージックバンク』を皮切りに19日のMBC『音楽中心』、20日のSBS『人気歌謡』など、地上波音楽番組でカムバックステージを披露する予定だ。EXO-Mは19日の中国でカムバック記者会見を行い、中国初のランキング形式音楽番組CCTV『全球中文音楽榜上榜』でステージを初披露する。

一方、EXOは4月15日午後8時にソウル蚕室(チャムシル)室内体育館でサムスンミュージックと共に行う『EXOカムバックショー』を開催し、その模様はサムスンミュージックのアプリやサムスンミュージックのPCウェブページ(http://music.samsung.com/exo)で生中継される予定であり、期待が集まっている。

(写真=SMエンターテインメント提供)


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 15日 10:37