[ドラマ] MBLAQイジュンの不気味なピエロ演技、歴代アイドルの内、史上最強の悪役!?

11日午後8時40分から放送されるtvN金土ドラマ『カプトンイ(原題)』では、MBLAQのイジュンが破格的な演技を見せる。

イジュンは劇中、一見平凡なバリスタだが、実はサイコパス系の一面を持つ危険な人物リュ・テオを演じる。

MBLAQのメンバーでありながら、最近行われた『野花映画祭』では新人男性演技者賞を受賞するなど、演技力が認められている彼は、演技に挑戦するアイドルとしては異例とも言える悪役を務めることにより、彼のチャレンジ精神に注目が集まっている。

イジュンは「難しいキャラクターだから大変だが、新しい演技に挑戦すると思って臨んでいる。誰かの演技を参考にすると、真似してしまう可能性があるから、台本を何回も読んで、想像をたくさんしながら演技をしている」と語った。

11日午前に公開された写真では、ピエロに変装したイジュンが不気味な眼差しと微笑みを見せている。ピエロに変装している理由、イジュンの意味深な微笑みに関心が集まっている。

『カプトンイ』を担当するCJ E&Mのカン・ヒジュンプロデューサーは、「このシーンを撮影した当時、イジュンが本当に素晴らしい集中力で演技をしてくれて、予想以上の良いカットが撮れた。撮影現場ではスタッフや先輩俳優達にアドバイスを求め、質問をするなど、演技に対する情熱を見せている。イジュンが挑戦する新しい演技に期待してほしい」と伝えた。

一方、『カプトンイ』は仮想の都市“イルタン”で起こった連続殺人事件を背景にしたミステリードラマだ。17年前に発生した連続殺人事件の有力容疑者を指す「カプトンイ」を追跡する刑事ハ・ムヨム(ユン・サンヒョン)を中心に、「カプトンイ」にまつわるさまざまなエピソードを持つ人物達の複雑な関係とストーリーが緊張感溢れる演出で描かれる予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 11日 14:07