[芸能] サニー「少女時代の変化、自然に感じてもらえたら嬉しい…」

8日午後、少女時代のサニーは汝矣島(ヨイド)CONRADホテルで行った『リオ2』関連のインタビューで「少女時代のメンバー全員が高校生の時にデビューし、すでに20代中盤になっている。時間の流れと共に少女時代も成長してきたと思う」と語った。

サニーは、「デビュー当時は“近所の女の子”のような親近感のある姿を見せてきたし、以前よりも成長して、“手の届かないところにいる少女時代”というような姿も見せてきた。多くの方達が「もう君たちもそういう年だろう」と思ってくれているようだ。これからもずっと成長していく少女時代の姿を見せていきたい。そんな姿すべてを「見守って下さい」、「応援して下さい」というのは違う気がする。ただ少女時代が成長していく姿を自然に感じてもらいたい」と語った。

一方、サニーはアニメ『リオ2』で都市型オウムの主人公ブルー(イム・シワン)の妻であり、3羽の子供を持つ母親ジュエルの声優を務めた。『コアラ・キッド』に続き、2作品目の吹き替え挑戦となった。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2014年 04月 09日 11:18